彫刻士は芸術家

印鑑彫刻士イメージ

印鑑の文字を彫る仕事をしている人のことを、印鑑彫刻士といいますね。
あんな小さい文字を毎日彫っているかと思うと、かなり大変な仕事のような気がします。

ですが作業スペースは狭くても可能でしょうし、彫刻に使う設備もそれほど多くは無いことでしょう。
そう考えると、比較的低コストでこの仕事をはじめられるかもしれませんね。

ですが本格的な印鑑彫刻士となるためには、非常に長い年月を必要とするはずです。
このような細かい作業を誰でも簡単にできるわけではないですから、ながく修行して、その技術を高めていく必要があるでしょう。

技術を追求していけば終わりはないともいえますが、仕事をするためにはそれくらいの気持ちがあったほうがいいですからね。
ですが、印鑑彫刻士という職業が、一体いつの時代まで需要があるのかといわれれば難しいところです。
いまは機械彫りの技術が多く使われていますから、手彫りの印鑑彫刻士は少なくなってきていることでしょう。

さらに印材を見てみれば、機械でなければ彫ることができないようなものまででてきています。
それらの印材が従来の印材以上に出回ってくれば、印鑑彫刻士の仕事がなくなってしまうのではないでしょうか。

そうなれば、彼らのような技術が徐々に廃れてしまうかもしれません。
ですがこれだけの素晴しい技術を簡単になくしてしまうのは惜しいですから、それこそ芸術的な分野として、芸術家としての生き残りを考えていく必要があるでしょう。
もしかしたら、印鑑以外のものへの彫刻を求められるような仕事がでてくるかもしれませんね。

~ 人気のWEBショップ情報 ~

<最短翌日出荷>表札専門店

ページの先頭へ