こだわりの手彫り印鑑

手彫り印鑑イメージ

最近は印鑑の種類もかなり豊富になってきていますが、元祖のものといえばやはり手彫りのものですよね。
全体的なデザインもとてもシンプルで、印材の特長を生かして持ち手は加工や彫刻を施さずに、あくまで印鑑としての役割だけを追求したものが一般的です。
こういったものの場合、印材が高価なものだったり、彫る内容が難しいとなれば金額だって上がってきます。

そのため最近では機械彫りでコストダウンを図っているものもありますよね。
どこでも手に入るような三文判は、機械彫りの大量生産をおこなっていることが多いため、低価格で手に入るというわけです。

ですがそのような安い機械彫りの製品には、芸術性は感じられません。
やはり芸術性をもとめるのなら、人間の手によって作られたものがいいでしょう。

そう考えると、手彫りで一点一点作られている印鑑は、とても芸術性が高いといえます。
彼らの手からつくられる印鑑のすべてが、彼らの芸術作品とも言えるでしょう。

長く印鑑を彫刻しているような人なら、かなりの数の芸術を生み出しているのではないでしょうか。
その中にはうまくいったものもあれば、イマイチな出来だったものもあるかもしれません。

ですが仕事でそれらを手がける場合は、芸術性だけを重視していては難しいでしょう。
あくまでそれで生計を立てているわけですから、自分の思うものをつくるのではなく、お客さんが求めるものを作らなければいけませんからね。

お客さんが手彫りの印鑑を求めるのには、何らかのこだわりがあるはずです。
その希望にこたえるために、ぜひこだわりの芸術作品を作り出して欲しいものですね。

〔今までになかったハンコが勢揃い!〕

おしゃれはんこの専門サイトがあるのをご存知ですか?

女性向けの印鑑専門店《キレイはんこ》では、キャラクター印鑑や、ラインストーンが付いた宝石のような印鑑、和紙を埋め込んだアクリル印鑑など、普通のはんことはひと味違った印鑑を、多数取り揃えております!

ページの先頭へ